北の大地の夢しずくの成分や特徴について

Pocket

なみ

北の大地の夢しずくの成分や特徴について調べてみました。

北の大地の夢しずく:成分や特徴について

北の大地の夢しずくに含有されるラフマという植物セロトニンを増やすことでメラトニンの合成量を増やします。また、ストレスを減らす作用もあるため、眠りの深さの向上をサポートします。
就寝前に3粒を目安に飲むだけで始められる睡眠改善サポート習慣なのです。

ラフマ葉エキスの効能・効果

「ラフマ葉エキスは脳内のセロトニンを産生し(増やし)、セロトニン神経の透過性を良くする。」という記載がMicrocirculation LaboratoryのHPにありました。
セロトニンは、興奮や緊張物質であるノルアドレナリンやドーパミンの過剰分泌を抑え、心のバランスを整える作用のある神経伝達物質であり、精神を安定させる作用があります。

セロトニンが不足すると、うつ病になりやすいなどといった指摘もあり、近年では「うつ病」の治療薬としてセロトニンに作用する薬物も多く処方されている。セロトニンは年齢と共に、また過度のストレスにより減少することが分かっている。

ラフマ葉エキスは、他のハーブサプリと異なり、薬物への相互作用が無いことから、他の薬とも併用することができ、継続的に行えるストレス対策として有効である。特に女性のセロトニン総量は、男性と比較すると約52%しかなく、セロトニンをケアすることは、現代のストレス社会の中で必要不可欠となってきている。北の大地の夢しずくはこのラフマ葉エキスに注目したサプリメントです。詳細はコチラ

ラフマの薬理作用について

ラフマは、中国に群生する野生植物で、生育地では、古くから葉をお茶にして飲用し日常的に親しまれてきた。現在でも中国では、日本人が緑茶を多く飲むように、ラフマ茶を飲用している。1960~70年代に、ラフマの薬理作用が各種機関により認められ、『中華人民共和国薬典』に掲載されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です